2007年 04月 09日
二行編成の pantun
a0051297_19574952.jpg

●パントゥンの伝統的な用語で言うと,パントゥンは sampiran + isi という構造をもつが,それを「ケーキの型+ケーキ」 構造としたのが,このイラストである.パントゥンと言えば「四行詩」と言われるくらいに,sampiran 2行,isi 2行の pantun 4 kerat がよく知られているが,ここで紹介するのは,sampiran 1行,isi 1行の pantun 2 kerat と呼ばれるものである.

Kura-kura dalam perahu
Pura-pura tidak tahu

舟底の亀
知らぬふりをする

森林の違法伐採についての記事からの用例: (...) oknum yang bermain dalam illegal logging ini hampir di semua lini, mulai dari atas sampai ke bawah, tapi semuanya menggunakan jurus "kura-kura dalam perahu." --- 全員が「舟底の亀」を決め込んでいる,とでも読めばいいだろう.

Sudah gaharu cendana pula
Sudah tahu bertanya pula

沈香があって何でまた白檀
知ってるくせに何でまた訊く

「沈香があって何でまた白檀まで欲しがる」→「欲張り」でないところが,パントゥンのパントゥンたるゆえん,seninya である.

Dahulu parang sekarang besi
Dahulu sayang sekarang benci

昔は剣,今や古鉄
昔は愛し今や憎らし

これは,説明不要であろう.

Tua-tua keladi も,その心,Makin tua makin menjadi が続く二行パントゥンである.[Sg]



[PR]

[PR]

by sanggarnote | 2007-04-09 19:51 | イラスト


<< パントゥンのなかの bunga...      burung, kukila,... >>