2008年 06月 07日
インドネシア語の文の特徴
a0051297_854627.gif

#1: インドネシア語の会話では相手の名前を頻繁に使う.そんなわけで,『基礎』では登場人物の名前を,男性 Tono, Taro, 女性 Tini, Hanako と決めてある.この問題で言うと,文 1-2-3 に当たったのが男子学生なら Tono のままでいいが,女子学生なら Nama saya Tini. と替える.文 4-5 に当たったのが女子学生なら,Saya Hanako. である.

#2: 簡単な練習なので,かなりのスピードが出るのが普通である.日本語のイントネーションだけでやる「トノの本? - ええ,トノの本.」などのサンプルをいつもやってみせるが,学生達は面白がるものである.日本語のイントネーションの話など,あまり聞いたことがないせいだろう.
[PR]

by sanggarnote | 2008-06-07 08:05 | 『基礎』


<< Tikus 1977, 198...      発音と語順 >>