2008年 11月 03日
hubungan dosen-mahasiswa yang cair
インドネシア日本博覧会は,2日のプログラムに,パネル・ディスカッション "The Overseas Student Life in Japan and Indonesia, To Increase Understanding and Cooperation between two countries." (INPEX Corporation) があり,次はそれを取材した記事,"Mahasiswa Dipermudah -- Pelajar Indonesia Dibantu Beasiswa" (Kompas, 3 November 2008) からの一節である.

Kesan yang umumnya dirasakan alumni Jepang selama menimba ilmu di negeri sakura itu adalah hubungan dosen-mahasiswa yang cair, tidak hanya terbatas di kampus. Hubungan dengan para profesor yang menjadi pembimbing itu bisa terus terjalin meski sudah lama kembali ke Tanah Air.

インドネシアの大学では教師は偉い存在で,学生とは「身分が違う」みたいなところがあるのだが,日本の大学はどうもそうではない (韓国の大学で教えた経験のあるインドネシア人の先生の話によると,韓国の大学の教師・学生関係はインドネシアの大学風らしい).そのあたりを hubungan dosen-mahasiswa yang cair と言っているのだと思うが,この cair, どんな日本語をあてようか.
[PR]

by sanggarnote | 2008-11-03 16:43 | 事情


<< two days away, ...      beringin, ベンジャミン >>