カテゴリ:Sneddon( 1 )

2011年 11月 30日
James Neil Sneddon, INDONESIAN: A Comprehensive Grammar
James Neil Sneddon, INDONESIAN: A Comprehensive Grammar (2nd Edition, 2010), この英語話者のためのインドネシア語文法の本,今まで買ったままになっていたが,これから折りにふれ参照させていただくことにする.こちらの立場は勿論「日本語話者のためのインドネシア語文法」である.

先ずは,

2.132 THE PREDICATE PHRASE
The predicate is the essensial component of every clause (see 3.4). A predicate phrase contains an obligatory predicate centre, which is a verb or ...

この本は, このように各節に数字が振られているのだが,その読み方は,第2章 (Phrases) の 132番目の節という意味.つまり,通し番号.最初そうとは知らず,インデックスで調べた predicate 2.132 を求めて,2.1 のところに行ったら,2.132 がなく,次の節がすぐ 2.2 で,びっくりした.なにせ当方,1 の次に2でなく,1.1,1.2,1.3 と続ける KKM の編者,2.132 を 2.1.32 と読み間違えた.[Sg 11.30.2011]

a0051297_62964.jpg左は,Pusat Bahasa の文法書の目次.ここまでやるのも考えものだとは思うが,第132節というのもねぇ.

Cf. 『インドネシア語の中庭 文法編』 p.117-121.

この James Neil Sneddon, INDONESIAN: A Comprehensive Grammar (2nd Edition, 2010), 「英語話者のためのインドネシア語文法の本」と最初に書いたが,Introduction (p.1) からもう少し補っておけば,This is a description of the Indonesian language for English-speaking teachers and learners and for any others interested in the language and its structures. (...) It also differs from linguistic studies in that it does not always describe Indonesian grammar 'in its own right'.

[Sg 12.2.2011]


[CM]
[PR]

by sanggarnote | 2011-11-30 16:39 | Sneddon