<   2006年 08月 ( 40 )   > この月の画像一覧

2006年 08月 31日
Manggala Agni
Pemadaman oleh manggala agni dibantu hujan alam yang turun di beberapa tempat, selama dua hari terakhir, mengurangi kebakaran lahan dan hutan di Sumatera Selatan sehingga tinggal tiga titik, Selasa (29/8) malam. ("Tinggal Tiga Titik Api di Sumsel", Kompas, 30 Agustus 2006)

この上に出てくる manggala agni,グーグル検索で以下がヒットする.

Brigade Pengendalian Kebakaran Hutan yang disebut dengan Manggala Agni (Galaag) bertugas melakukan pencegahan, pemadaman, dan penanganan pasca kebakaran hutan serta penyelamatan (rescue).

つまり「森林消防隊」でいいだろう.

hujan alam: 以下の記事が言う「人工降雨」hujan buatan ではない「自然の降雨」ということ.

Warga Pekanbaru, Riau, kembali menikmati siraman sinar matahari sepanjang Rabu (30/8) ini. Mereka pun tak lagi menghirup asap akibat kebakaran lahan dan hutan. Rupanya hujan buatan yang dibikin pemerintah setempat cukup efektif dalam memadamkan sejumlah titik api.("Hujan Buatan Efektif Memadamkan Titik Api", Liputan6.com, 30/08/2006)
[PR]

by sanggarnote | 2006-08-31 11:50 | 語彙
2006年 08月 31日
ia-ng > yang
「中庭95」から再録.


yang < ia-ng

インドネシア語では,「二つのマンゴ」は dua mangga,「香りのいい花」は bunga harum,「この花」は bunga ini でよい。

つまり数詞+名詞,名詞+形容詞,名詞+指示詞という語順で並べれば,上のような名詞句が成立する。

勿論,適切なイントネーションを備えなかったらダメなのは言うまでもない。例えば,上を「~は~です」という文を成立させるイントネーションに乗せることも可能で,そうすればそれぞれ「2はマンゴです」,「花はいい香りです」,「花はこれです」という文になる。

数詞+名詞,名詞+形容詞,名詞+指示詞という語順で並べれば名詞句が成立すると言ったのは,このイントネーションの問題をいったん脇に寄せての話である。

ところが同系の言語でも,フィリピンのタガログ語になると,ふたつ並べれば OK というわけにはいかない。

「タガログ語では,ある単語が他の単語を修飾するとき,単語と単語の間に,繋辞 linker と呼ばれるものをはさむことが多い」(山下美知子『タガログ語のテキスト(I)』東外大語学教育協議会,1993. p.48)という風に,並べたふたつをひとつの句へと繋ぎ合わせる働きをする linker というものが必要になってくるのである。

「二箇のマンゴ」
dalawang mangga

「香りの良い花」
1) mabangong bulaklak
2) bulaklak na mabango

「この花」
1) itong bulaklak
2) bulaklak na ito

斜体にしたのが問題の linker である。-ng と na とふたつあるが,これは前の語がどんな音で終わっているかによって使い分ける(母音,声門閉鎖音に続く時は -ng;-n に続く時は -g;その他は na)。

この linker の存在によって,インドネシア語からすれば考えられない句構成の語順の自由をタガログ語が獲得していることが見て取れる。

上より複雑な「私の読んだ本」buku yang kubaca では,次のような3通りの構文が可能になる(山下先生ご教示)。

1) libro kong binasa
2) librong binasa ko
3) binasa kong libro

さすがフィリピン,スペイン語から「本」が入っている。binasa は,baca に対応する basa に接中辞 -in- が加わったもの。インドネシア語でも kinerja 「性能,パフォーマンス」,bersinambungan 「継続する」を通じて馴染みができてきたこの -in- だが,タガログ語文法ではかく活発に働いているというわけ。

以上,タガログ語文法における linker の働きというものを垣間みてもらったのは,ジャワ語やバリ語の数詞にもこの linker は痕跡的に残るのだが,それよりも何よりも, yang の成立にこれが ia + linker -ng というかたちで関わっているのではないか,という考えから。

ia は三人称人称代名詞,定義は「君と私の間でそれが何か・誰か言わないでも了解がついているもの」。Ia besar. は,「君と私の間でそれが何か・誰か言わないでも了解がついているそれが大きい」という文。ここで linker -ng の媒介により「大きい」が ia に結びつけられた結果が yang besar,すなわち「大きいの,大きいヤツ」と解釈するのが,私の yang < ia + linker -ng 説である。[Sg 1995.8.12]

-----

TAGALOG DICTIONARY によると,以下.

na lig. connects modifier and word modified, takes the form -ng when the word it follows ends in a vowel sound. Mabait na bata or Batang mabait. Good child.

ここでは,linker ではなく,ligature (lig.) という用語を使っている.[Sg]



[PR]
[PR]

by sanggarnote | 2006-08-31 09:54 | 文法
2006年 08月 30日
KRL Semi Ekspres
a0051297_1925693.jpg"KRL Semi Ekspres Mulai Dioperasikan" (Liputan6.com, 30/08/2006)

PT Kereta Api Indonesia, belum lama ini, mengoperasikan kereta rel listrik (KRL) Air Conditioner Semi Ekspres di Jakarta. Dibandingkan dengan kereta ekonomi, penumpang KRL Semi Ekspres ini tak bisa berdesak-desakan dan bisa lebih menghemat waktu karena waktu tempuh yang biasanya lebih dari satu jam kini bisa kurang dari satu jam.

写真キャプション: Suasana lengang di dalam KRL Semi Ekspres.

このエアコン付き準急電車の料金は,Bekasi-Jakarta Kota Rp 6.000, Jakarta Kota-Bogor Rp 7.500. こんなにがら空きなら,これは快適だろうが,当面,朝7時から夕5時の時間帯の運転だそうだ.これで KRL Ekonomi の混雑緩和になるのだろうか.インドネシアのラッシュ時というのは,一体いつなんだろう.

ところで,今本文を読み直して気がついたのが tak bisa berdesak-desakan.これは「できない」ではなく「そういうことはありえない」の用例である.
[PR]

by sanggarnote | 2006-08-30 19:02 | 事情
2006年 08月 29日
planet 惑星,planet kecil 矮惑星.
Ahli astronomi dari seluruh dunia dalam pertemuan di Praha, Kamis, mencoret status Pluto sebagai sebuah planet, dan memberi definisi baru yakni "planet kecil" dalam sistem tata surya.

Dengan demikian, dalam sistem tata surya hanya ada delapan planet klasik, yakni Merkurius, Venus, Bumi, Mars, Jupiter, Saturnus, Uranus dan Neptunus, Reuters melaporkan. ("Astronom Dunia Coret Status Pluto Sebagai Planet", Antara, 25 Agustus 2006)
[PR]

by sanggarnote | 2006-08-29 14:44 | 語彙
2006年 08月 26日
はが構文
父さんはお前が誰かに攫われたかと心配した.
Bapak takut kamu ada yang menculik. (Titie Said, "Selamat Tinggal Jeanette". hal.257)

作文問題として考えると,この日本語からインドネシア語 Bapak takut kamu ada yang menculik. を書くのは,学生にはほとんど無理だろう. つまり難易度は非常に高い.

しかし,和訳問題だったら難易度はそう高いものでもない.自然な日本語を考える学生なら,充分,上のインドネシア語を「誰かにさらわれた」と訳せるだろう.
[PR]

by sanggarnote | 2006-08-26 15:42 | 文法
2006年 08月 24日
mahal, murah
mahal, murah は,先ずは物の値段が高い安いだが,こんな風にも使う.

Cuaca agaknya berpengaruh pada air muka. Buktinya, senyuman orang Eropa sangat mahal, apalagi di musim dingin.("Murah Senyum, Mahal Terima Kasih",Kompas, 24 Agustus 2006)

インドネシア人は murah senyum, mahal terima kasih, それに対して,ヨーロッパ人は表情の senyum こそ mahal だが,murah terima kasih (Merci, Thank you) というわけなのだが,ここに日本人も並べれば, mahal senyum, mahal terima kasih の日本人だろうか.

で「安い」ものを日本で探せば,おそらく maaf.なにはともあれ,とりあえず「すみません」と言うのが,日本人のマナー.それをしないのは無礼ということになっているだろう.町を歩けば,これの値上がりも酷いように思わないでもないのだが.
[PR]

by sanggarnote | 2006-08-24 20:21 | 語彙
2006年 08月 24日
nyaris, dll
以下,Puthut EA, "Sambal Keluarga" の冒頭の段落.

Di keluargaku, ada satu jenis sambal yang nyaris tidak pernah absen dari meja makan kami, terutama saat makan pagi. Sambal itu sangat sederhana, baik bahan maupun cara pembuatannya. Beberapa butir cabai hijau, ditambah sepotong kecil bawang putih dengan garam secukupnya, lalu ditetesi minyak goreng panas sisa menggoreng sesuatu. Setelah diulek, sambal itu dihidangkan begitu saja di atas cobek, berbaur dengan menu lain.

nyaris: 「ほとんど」. 「危うく」の筈だが,しかし,この hampir と同義語の nyaris の用例はまれなものではない.
terutama saat makan pagi: トマトケチャップ状のボトル入り sambal は常時食卓にあるとして,こういう伝統的な sambal は,どうやら特に朝の食卓のために作られるものらしい.
baik ... maupun ...: 「~も~も」.「が」補語のところにこれが出ている例.
ditetesi: meneteskan 「~を滴らせる」に対する menetesi 「~に滴らせる」の di-形.日本語では 「~に滴らせる」と「熱い油」の関係は「を」だが,インドネシア語では dengan の関係,すなわち,ditetesi (dengan) minyak goreng panas である.
diulek: ulek は「すりこぎ」(ふつう石製).diulek は,その他動詞「すりこぎを使ってすりつぶす」 mengulek の di-形.
begitu saja: 「そのまま」.皿に取り出したりしないで,cobek (すり鉢) に入ったままで食卓に出す,ということ.
[PR]

by sanggarnote | 2006-08-24 05:11 | 文法
2006年 08月 23日
Korpus Tujuh Pendekar
Seno Gumira Ajidarma, "Ganes Th dan Korpus Tujuh Pendekar" (Kompas, 20 Agustus 2006) を読んで.

■Ganes Th のシラット劇画
"Si Buta dari Gua Hantu" (1967)
"Misteri di Borobudur" (1967)
"Banjir Darah di Pantai Sanur" (1968)

"Banjir Darah di Pantai Sanur" は,Ganes Th が劇画作家としての地位を揺るぎないものにすると同時に,シラット劇画を一つのジャンルとして確立しえた傑作劇画ということだが,「荒野の七人」が,黒沢明「七人の侍」のハリウッド西部劇バージョンなら,これは,そのインドネシア・シラット劇画バージョンと呼べるものであるらしい.

■Korpus Tujuh Pendekar(「七人の侍」系作品)
映画 「七人の侍」 (黒沢明監督, 1954)
映画 「荒野の七人」 The Magnificent Seven (John Sturges 監督, 1960)
シラット劇画 Banjir Darah di Pantai Sanur (Ganes Th 作, 1968)

Semuanya mempunyai cerita yang sama, sejumlah jagoan diminta untuk melindungi desa dan membasmi perampok, pada akhir cerita perampok terbasmi, tinggal satu atau dua jagoan tersisa sehingga yang bisa disebut menang adalah para petani.

より直接的にはハリウッド映画「荒野の七人」だろうが,黒沢明の「七人の侍」を思わせる場面や人物も登場しているとか.例えば,三船敏郎演ずる暴れん坊を思わせる Gito si Bocah (yang terus menguntit / yang polos / dengan pedang besar yang dipanggul というキャラクター.

劇画王国日本だと,影響の方向は劇画→映画だろうが,さすがにインドネシア,まだその方向は映画→劇画のようである.ところで今,みのもんたが歌→映画の「涙そうそう」を紹介していた.
[PR]

by sanggarnote | 2006-08-23 08:51
2006年 08月 22日
Sambal Keluarga
Puthut EA, "Sambal Keluarga" (Kompas, 20 Agustus 2006)

わが家のサンバル: 青い唐辛子とニンニクと少々の塩,そこにゴレンに使った熱い油を一たらしして擂りつぶし,擂り鉢のまま食卓に上す,というごくごくシンプルなもの.

以下はこの短編「わが家のサンバル」からの一節.

Napasku seperti berhenti. Aku melihat satu adegan ringan tapi tajam. Tangan Dian mengambil sebotol kecap, dengan pelan ia menuangkan kecap itu di atas sambal yang sudah berada di piring makannya. Dengan tenang ia berkata, "Tapi saya paling suka kalau ditambah kecap."

Dian は両親に紹介すべく家に連れてきた恋人.夕食は和気藹々いい雰囲気だった.問題は朝食.もしその食卓に「わが家のサンバル」が並ばなかったら,彼女は不合格.母親がそれを持ってキッチンから出てきた時には,思わず「やった!」と心に叫んだ私だった… という文脈につながるのが上の場面である.

この話を日本に持ってくるとしたら,「わが家の」何だろうか.

作品全文は以下でお読み下さい.

Kumpulan Cerpen Kompas:
Sambal Keluarga
https://cerpenkompas.wordpress.com/2006/08/20/sambal-keluarga/

[Sg]



[PR]


[PR]

by sanggarnote | 2006-08-22 10:06 | 食物
2006年 08月 21日
30 juta Yen
Djadoek Ferianto 率いる劇団 Orkes Sinten Remen の TIM (Taman Ismail Marzuki, Jakarta) での公演 "Merdeka Secara Jenaka" (18-19 Agustus 2006) についての記事, "Sekali Merdeka, Tetap Maling!" (Kompas, 20 Agustus 2006) から.

舞台はジョクジャのとある裏町の朝.

Sayup-sayup dari sebuah radio terdengar berita dalam bahasa Jawa. Antara lain disampaikan tentang pertunjukan wayang kulit dengan cerita "Betara Kala Nguntal 30 Yuta." Betara Kala adalah tokoh raksasa dalam pewayangan, nguntal (menelan bulat-bulat) 30 juta.

ラジオからかすかにジャワ語のニュースが流れている.ワヤン公演のニュース,演目は "Betara Kala Nguntal 30 Yuta". (巨人 Betara Kala, 3000万ひと呑みの場)

ここで,Penonton terbahak-bahak.

この 30 juta という数字,ジョクジャ地震被災者に政府が約束した支援の金額らしい.

"Lho, yang 30 juta itu nanti tidak turun dalam bentuk rupiah kok, tapi yen," kata tokoh Pakde yang lalu meneruskan. "Yen ono --- kalau ada." Yen dalam bahasa Jawa bisa berarti "kalau".

「その 30 juta というヤツも Rupiah で出るのではない,Yen だ」---

要するに,滑稽劇というのは見に行くと,みなが笑っているのにこっちは笑えず,ずいぶんと間の悪い思いをするものである.
[PR]

by sanggarnote | 2006-08-21 19:04 | 事情