<   2011年 01月 ( 37 )   > この月の画像一覧

2011年 01月 31日
saya, aku, gue
saya, aku については以下を書いたことがある.

aku (一人称代名詞)

次は,Ajip Rosidi, "Perjalanan Menjadi 'Aku'" (Kompas, 05 Februari 2005) から。

SAYA agak kaget mendengar kemenakan dan anak-anak muda yang berbicara dengan saya mempergunakan kata ganti orang pertama aku sebab yang biasa saya gunakan adalah saya. Begitu juga mereka yang seusia dengan saya biasa mempergunakan kata saya. Kata aku biasanya hanya digunakan dalam teks sastra. Yang menarik dalam teks sastra, justru kata ganti orang pertama saya jarang dipakai pengarang naratif kalau mempergunakan gaya bercerita sebagai orang pertama.

自分たちの世代の者は一人称代名詞として saya を使うのがふつうだが,おいっこめいっこ達は,私 (アイプ先生は 1938年生まれだから今年67歳) との会話でも aku を使う,これには少々驚いた,と述べている冒頭の段落である。

確かに,saya は sahaya (しもべ,奴隷) に由来する語である。若い世代には,今どきそんな自らを卑下する自称詞は要らない。本来の自称詞 aku を,英語の I のように,いつでも誰に対しても堂々と使えばいい,という傾向が現れてきている,ということなのだろう。

この文章のタイトル "Perjalanan Menjadi 'Aku'" を見た時は,実は,なにか哲学的な内容(真の自己に至る道程とか)かなと思ったのだが,そうではなかった。上のように,saya から aku へ,という社会言語学的な変化の話だった。[Sg 2.10.05]

次は,Rubrik Bahasa で見つけた Putu Wijaya, "Kamus" (Majalah Tempo, 13 Des 2010) からの一節.上の Ajip Rosidi の文章は 2005年,この Putu Wijaya の文章は 2010年.この五年の違いだろうか,あるいは,Ajip 1938年生まれ,Putu 1944年生まれという年齢の差だろうか,ここには,gue も出てきている.

Saya adalah sebutan dari orang pertama. Saya lebih menunjukkan kerendahan hati, sopan, menghormati yang diajak bicara dibandingkan dengan “aku”. Anak, kepada orang tua dan guru atau bawahan pada atasan, membahasakan dirinya dengan saya. Tapi ketika Chairil Anwar menulis sajak berjudul “Aku” pada 1943, dua tahun sebelum Proklamasi Kemerdekaan, kebangkitan pada harga diri seseorang untuk bebas dan merdeka memberi angin pada kata aku. Kini di era televisi swasta, para selebritas tak memakai kata saya lagi, tetapi aku dan “gue”. Pengaruhnya luar biasa. Kini seorang anak dan para pembantu tanpa risi lagi membahasakan dirinya “aku” kepada siapa pun berbicara. Dalam keluarga, antara suami dan istri, bahkan juga anak, kata gue pun sudah mulai lumrah atau dimaafkan.

では,このお二人が言うように,今や日常の場で saya に代わってふつうに aku が使われるようになっているとして,「私の子供,私の読んだ本」の現状はどうなのか,それが気になる.saya だったら anak saya, buku yang saya baca しかない (gue も gue しかない) のだが,本来の人称代名詞たる aku には接尾形 -ku,接頭形 ku- がある.

anakku, buku yang kubaca なのだろうか.それとも,anak aku, buku yang aku baca なんだろうか.それとも,anakku だが aku baca なのだろうか.[Sg]



[CM]
[PR]

by sanggarnote | 2011-01-31 11:13 | 語彙
2011年 01月 31日
Kindle の PDF表示 (途中の頁)
a0051297_6452834.jpg

Kindle が表示しているのは,見開きの左の頁の「余白削除」 した PDFファイル.上下に等しい余白を入れてバランスよく表示している.元の原稿のように(つまり,紙の本の頁のように)下に数行分の大きな余白が来る表示も実験してみたが(最下行にドット一つ打てばいい),途中の頁でそれをするべきではない,ダメと判断した.[Sg]



[CM]
[PR]

by sanggarnote | 2011-01-31 06:45 | iP
2011年 01月 31日
最低気温 -9.8℃
a0051297_7202297.jpg朝5時 -9.4℃ (http://tenki.jp/amedas/detail-514.html). 室内 3℃.足元の石油ストーブを焚いて今 6℃.ここ鳩山 (埼玉県比企郡) がこんなに冬寒いところとは思っていなかった.夏は夏で全国最高気温を記録してテレビに名が出るんだし,大したところだ.

朝6時 -9.8℃.カクレミノの葉は寒いとこんな風にくたくたになってしまう(7時11分撮影).日が昇るにつれて元に戻るのだが.[Sg]

【追記】 今日の新聞に「今季最低気温零下 10.2 -- 鳩山」 という小さな記事が出た.つまり,更に下がったわけだ.(2/1)



[CM]
[PR]

by sanggarnote | 2011-01-31 05:45 | 身辺
2011年 01月 30日
tendangan voli
"Jepang Juara Piala Asia" (ANTARA, 30 Januari 2011)

アジア杯決勝戦,日本は延長後半,109分に李忠成が長友からのクロスをゴール前からボレーで決めて オーストラリアを1-0 で下した.

Jepang tampil sebagai juara Piala Asia 2011 setelah melalui perpanjangan waktu di final mengalahkan Australia 1-0 berkat gol Tadanari Lee pada menit ke-109 di Stadion Khalifa, Doha, Minggu dinihari WIB.

Gol tunggal Lee lahir akibat kesalahan pemain belakang Australia yang membiarkan Lee berdiri bebas sehingga pemain tersebut dengan leluasa melancarkan tendangan voli keras setelah mendapat umpan matang dari sisi kiri lapangan.

この voli は「バレーボール」 bola voli と同じ voli だが,サッカーでは「ボレー (キック,シュート)」.[Sg]



[CM]
[PR]

by sanggarnote | 2011-01-30 10:34 | 語彙
2011年 01月 30日
Kindle の PDF表示 (タイトル頁)
a0051297_8292294.jpgイムラン先生のアチェの話をあつめた "Cerita dari Aceh" の WORD ファイルを Adobe Acrobat で PDFファイルにする.その PDFファイルに「余白削除」の処理を加えると,左図の赤枠部分だけの PDFファイルが出来る.

これを Kindle また SONY Reader で表示させるとどうなるかを示したのが次の図.本のタイトル頁らしく表示しているのは Kindle,対する SONY Reader はブックリーダーというよりは PDFビューワー的.


a0051297_82952100.jpg



[CM]
[PR]

by sanggarnote | 2011-01-30 08:30 | iP
2011年 01月 29日
petahana
Salomo Simanungkalit, "Cema dan Saman" (Kompas, 28 Januari 2011) は,英語 impeachment(弾劾,告発) を pemakzulan としているメディアに対して,正しくは itham > pengithaman とすべきとの意見を述べた Anton Moeliono,"'Impeachment' Pengithaman" (KOMPAS, 21 Jan 2011) を受けて,cema > pencemaan も一つの選択肢だろうと書いている文章だが,次はそこからの一節.

Memakzulkan berarti 'menurunkan dari takhta, memberhentikan dari jabatan', sedangkan to impeach bermakna 'menuduh atau mendakwa pejabat publik berbuat kejahatan, khususnya terhadap negara, pada masa jabatannya'. Jauh panggang dari api, bukan? Seorang petahana jabatan tinggi makzul setelah dakwaan kepadanya terbukti secara hukum. Jadi, kelirulah menyepantarkan impeachment dengan pemakzulan.

この「現職」petahana とは初対面だった.
参照 incumbentpenyandang

Petahana

Petahana (bahasa Inggris: incumbent), dalam politik, adalah pemegang suatu jabatan politik yang sedang menjabat. Istilah ini biasanya digunakan dalam kaitannya dengan pemilihan umum, dimana sering terjadi persaingan antara kandidat petahana dan nonpetahana. Sebagai contoh, pada Pemilu Presiden Indonesia 2009, Susilo Bambang Yudhoyono adalah petahana, karena ialah presiden yang sedang menjabat pada saat pemilihan umum untuk memilih presiden berikutnya dilaksanakan. (Wikipedia)

KBBI_4:
tahana:kl n kedudukan; martabat (kebesaran, kemuliaan, dsb);
 bertahana: v bersemayam; duduk.

つまり,orang yang bertahana たる petahana はまだない.

KKM 原稿に以下を追加した.

tahana: 職.
 bertahana: 職にある.
 petahana: 現職(者).calon - 現職候補.

目下この petahana を載せている辞書は,尾崎辞書のみであるようである. [Sg]



[CM]
[PR]

by sanggarnote | 2011-01-29 07:08 | 語彙
2011年 01月 29日
Rubrik Bahasa
Rubrik Bahasa
Kumpulan artikel rubrik bahasa Indonesia dari berbagai media massa

インドネシア語関係の記事をまとめているブログ.Kompas, Tempo などのメディア別,Anton Moeliono, Ajip Rosidi, J.S.Badudu などの筆者別のカテゴリーが用意されている.これはもっと早くに知るべきサイトだった.[Sg]



[CM]
[PR]

by sanggarnote | 2011-01-29 05:32 | 語彙
2011年 01月 28日
kubikel
"Duh, Anak-Anak Warnet" (detikinet, 27/01/2011)

Karena printer di rumah lagi rusak, terpaksa pagi-pagi sekali saya lari ke warnet dekat komplek untuk ngeprint sesuatu.

Belum pukul sembilan pagi, dan agak kaget mendapati warnet tersebut sudah lumayan ramai. Dari belasan komputer yang dipisahkan oleh kubikel-kubikel, hanya tersisa beberapa tempat kosong.

cubicle 【名】 パーティション[間仕切り]で小さく区切った場所[作業スペース・仕事スペース]、小部屋、小個室.(英辞郎)

検索でヒットした "Etiket di Kubikel Kantor" (Kompas, 16/7/2009) は,そういうスタイルのオフィスでのマナーを書いたものだが,上の引用での kubikel は「間仕切りで小さく区切った作業スペース」というよりは,その「間仕切り」そのものを指して使っている用例である.[Sg]



[CM]
[PR]

by sanggarnote | 2011-01-28 13:58 | 語彙
2011年 01月 28日
melempari batu
"Perajam di Afghan dibawa ke pengadilan" (BBC, 27 Januari 2011) --- アフガニスタン北部タリバン支配の村で行われた密通の男女に対する hukum rajam (石打ちの刑) 執行の様を伝えた記事である.

melempari batu
Para pelaku rajam yang melempari batu terhadap pasangan lelaki dan perempuan hingga mati di Afghanistan utara dilaporkan akan dibawa ke pengadilan.

牛江清名「インドネシア語の入門」の言う「多回入念」の ME-I 他動詞の例としては menembaki (乱射する,片っ端から撃つ) がよく知られた例.ここはまさかの melempari batu の例である.

dilempar batu
Setiap orang yang tahu tentang Islam mengerti kalau rajam dengan dilempar batu diatur dalam Quran, dan itu adalah hukum Islam.

dilempar dengan batu(石つぶてで打つ)の dengan を省いた例と理解出来る用例である.なお,mengerti の後に続いている kalau は「もし」ではなく,bahwa 相当.

batu ... dilemparkan
Ratusan batu, beberapa diantaranya berukuran lebih besar dari kepalan lelaki dewasa dilemparkan ke kepala dan badan wanita tersebut.

「投げつける」melemparkan の用例である.最初 「大人の男の頭 kepala より大きい石」 に見えて,そんな大きい石までぶつけるのかと思ったは眼の錯覚.正しくは 「大人の男の握り拳 kepalan より大きい石」 だった.

batu ... dilempar
Dia mencoba untuk keluar dari lubang, tetapi jumlah batu yang dilempar terlalu banyak sehingga dia tidak kuasa menahan lemparan batu. Kemudian sebuah batu besar dilempar tepat di kepalanya dan dia sekarat didalam lubang bersimbah darah.

とくに「投げつける」とまで言わず「投げる」だけで済ませた dilempar の用例である.[Sg]



[CM]
[PR]

by sanggarnote | 2011-01-28 07:26 | 語彙
2011年 01月 27日
merosot
先に「PE-派生語を語幹とする kepemilikan」(1/12) で,kemerosotan を KBBI にならって rosot の ME-派生語 merosot を語幹とする KE-AN 派生語の例に数えたが,F先生からスンダ語に「落ちる, ずり落ちる」morosot(N- + porosot)という語があること,また ACIED は rosot & merosot の二本立てになっているとメールでお知らせいただいた.

KBBI:
rosot - merosot - kemerosotan

ACIED:
rosot - merosot - kemerosotan
merosot - kemerosotan

ここで,スンダ語 porosot - morosot の存在が無視できないということだともしや,と気づいて調べてみたら,いかにも両辞書とも perosot を立てていた.すなわち,

KBBI:
perosot: n. hal turun, meluncur ke bawah;
 (me)merosot: v meluncur ke bawah;
 memerosotkan: v 1 membuat menjadi meluncur, menurun; 2 ki menjadi jelek, tidak berharga (tt prestasi, nama, kemampuan)

ACIED:
perosot
 memerosot [and merosot (coq)]
 memerosotkan

この両辞書とも perosot の項には kemerosotan を出していない.

つまり,まとめると,こういうことになりそうである.

kemerosotan の語幹 merosot が ME-派生語であることは間違いない.しかし,その merosot について,rosot - merosot 説と perosot - (me)merosot 説がある.そしてこの問題を考えるとき,スンダ語 porosot - morosot, ジャカルタ方言 rosot - merosot の存在を無視出来ない.

なお,PE-派生語を語幹とする kepemilikan では ME-派生語を語幹とする KE-AN 名詞にこの kemerosotan 一つしか挙げられなかったが,F先生のメールのおかげでもう一つ,rata - merata - kemerataan を追加出来ることになった.この kemerataan は KBBI には出てこないが,ACIED は載せている.

KKM に以下を追加した.

kemerataan: 均等度.

Cf. 「種多様性を説明する要素として、種の豊富さ(Species richness)と均等度(evenness、または、equability)の2つがある」 (Wikipedia: 種多様性) 

[Sg]



[CM]
[PR]

by sanggarnote | 2011-01-27 17:03 | 文法