2016年 10月 26日
Tiga Dara
a0051297_1951353.jpgTiga Dara adalah sebuah film komedi musikal berbahasa Indonesia tahun 1957 yang dibintangi oleh Chitra Dewi, Mieke Wijaya, dan Indriati Iskak. Disutradarai oleh Usmar Ismail untuk Perfini. (Wikipedia)

画像はこの Usmar Ismail 監督 "Tiga Dara" (1957) の 4Kデジタル復元版 (hasil restorasi dengan teknologi 4K) 公開のポスター.

東京国際映画祭でワールドプレミアの Nia Dinata 監督 "Ini Kisah Tiga Dara" (2016) は,これのリメイク作品である.

この美人三人姉妹の物語の舞台は,フローレス島マウメレのホテル.カトリックの島フローレスのマウメレは,1992年12月のフローレス地震の津波で甚大な被害を出した被災地.私は同年7月同地に滞在していた.マウメレのビーチ際の小さなホテルに泊まり,イカットの Sikka 村に行ったり (映画では古い教会と墓地を訪れるシーンがある),マレー語地域として知られる東フロレスの Larantuka に行ったりしていた.

参照: kain tenun ikat di Sikka
http://sanggar.exblog.jp/15450267/


再録: nasi putih + ayam goreng (ご飯 + 鶏の唐揚げ)

フローレス島東端の港町 Larantuka の中華料理屋でのこと。隣の席はスイス人家族(若い夫婦と男の子とその妹の4人)。下図が示すように,真ん中にご飯(◯)を置いて,めいめいに鶏の唐揚げのお皿()という食事だった。

 ● ●
  ○
 ● ●

私も同じ唐揚げを注文していて,もてあますくらいの porsi besar だったから,その小さな女の子が唐揚げ一皿を平らげるのには,ほんとびっくりした。インドネシア人家族だったら(或いは日本人でも)次ぎのようになるだろうと思う。米食民族と肉食民族との違いを痛感させられた。

 ○ ○
  ●
 ○ ○

このとき,なぜ Larantuka に行ったのかというと,ここがマレー語地域であると本で読んでいて,そのマレー語というかインドネシア語を聞いてみたいと思って訪れたのだった。

今「ララントゥカ」を検索したら「染織愛好家にとっては,ララントゥカ,シッカ,リオ,バジャワ … 多種多様なイカットの産地としてあこがれの地です」とあった。Sikka 村は観光ルートに入っているようなものだから,Maumere のガイド君に連れていかれたが,残念ながら,Larantuka のイカットの方は見てこなかった。[Sg 6.4.05]


Larantuka については,最近では以下を書いた.

Semana Santa di Larantuka

http://sanggar.exblog.jp/22823681/

[Sg]


[PR]
[PR]

by sanggarnote | 2016-10-26 19:05


<< dibawa lompat      odakyu Free WIFI >>