2016年 12月 07日
Poerwadarminta, LOGAT NIPPON (1945)
a0051297_7473630.jpg日馬小辞典
LOGAT NIPPON

GUNSEIKANBU
KOKUMIN TOSHOKYOKU
DJAKARTA

序:
軍政施行以来,インドネシア人の日本語熱は当局の施策と相俟って澎湃として起こり,日本語習得の必要も亦日常生活のあらゆる部面に於いて増大している.(...)
ここに本国民圖書局が職員プルワダルミンタをして本辭典を編纂せしめ,これを刊行する所以は,偏に現下焦眉の急なる手頃な日馬辭典の要求に應ずるとともに,又,大東亜建設の根本をなす日本語の普及浸透の一端に費せんとする微意に他ならぬ.

皇紀二六〇五年一月 国民圖書局

Pendahoeloean では,Boelan 1 tahoen Koki 2605. Balai Poestaka.

Wikipedia のW.J.S. Poerwadarminta の項が,この皇紀 2605年=1945年=昭和20年刊行の辞書を彼の著作として挙げないのは,Poerwadarminta の名が,この序 --- インドネシア語 Pendahoeloean では,Karena itoe, maka oleh Balai Poestaka disoeroeh pegawainja t. Poerwadarminta menjoesoen logat ini --- の中に述べられているだけで,表紙にも扉にも現れない,という事情からだろう.

a0051297_936555.jpgWikipedia で著作に挙がる Kamus Harian Jepang-Indonesia は,これとは別の辞書,KAMOES HARIAN: Nippon-Indonesia, Indonesia-Nippon (Pendidikan, 1942) である.

左の扉の画像は,http://dunialawas.blogspot.jp/2011/09/kamoes-harian-indonesia-nippon.html?m=1 から. こちらは,Dihimpoenkan oleh: W.J.S. Poerwadarminta と明記されている. [Sg]


[PR]
[PR]

by sanggarnote | 2016-12-07 07:47 | 語彙


<< anak,ia sulung      Pesawat Polri j... >>