2018年 09月 12日
再録: serangan kamikaze(神風攻撃)
"WTC New York Ambruk Diserang Kamikaze" (Suara Merdeka, 12 September 2001)

「ニューヨーク世界貿易センターが Kamikaze 攻撃を受け崩壊」という見出しである。「神風攻撃」とは,serangan dengan menumbukkan pesawat terbang ke sasaran(飛行機を目標に体当たりさせる攻撃)という説明が,本文の中では加えられている。すなわち,

NEW YORK - Dua dugaan serangan kamikaze (serangan dengan menumbukkan pesawat terbang ke sasaran) kemarin pagi (semalam WIB) terjadi secara terpisah di AS. Sebuah serangan melibatkan dua pesawat penumpang jet menghantam menara kembar World Trade Center (WTC) di New York, dan dalam serangan lain di Washington sebuah pesawat penumpang dijatuhkan nyaris menghantam Pentagon (Departemen Pertahanan AS).

dua dugaan serangan kamikaze の書き方がひっかかるが,言わんとするところは「二つの神風攻撃と思われるもの」であろう。

"Amerika Diserang Mendadak, Seketika Lumpuh Total" (Astaga.com, 11 Sep 01 22:30 WIB)

Dunia internasional tiba-tiba dikagetkan dengan serangan terbesar yang pernah dialami oleh negara adi daya Amerika sepanjang sejarah. Gedung kembar WTC (Twin Tower World Trade Center) yang masyhur itu rata dengan tanah oleh Kamikaze dua pesawat dan ledakan susulan.

このような Suara Merdeka や Astaga.com の記事中の kamikaze(神風)がロイター電などから取り込まれたことは明らかだろうと思う。

例えば,Reuters,Tuesday September 11 11:23 PM ET (By Alan Elsner and Andrew Quinn) では,見出しに "US Shocked By Worst Attack Since Pearl Harbor",本文に Minutes later came the report of a third kamikaze attack on the Pentagon など,「パールハーバー」や「神風攻撃」の表現が踊る。

今回の大惨事で米国民の受けたショックの深さを表現するとしたら「パールハーバー」や「神風攻撃」以外の表現はないのだろう。

となれば,日本の報道は,どう対応しうるか。

"US Shocked By Worst Attack Since Pearl Harbor" 「米全土 パールハーバー以来最悪の攻撃にショック」などをどんな形で日本の読者の前に持ち出せるものだろうかと思っていたら,今朝になって「米本土 未経験の危機」(朝日 9/13 6面の横書き白抜き文字の大見出し)というのが登場した。真珠湾棚上げの「米本土」―― 考えたな,とこれを読んだ。[Sg 9.13.2001]

[Sg]



[PR]

[PR]

by sanggarnote | 2018-09-12 07:04 | 語彙


<< lawakan      sebersih Sungai... >>