人気ブログランキング |
2019年 02月 17日
「語幹=句/複合語/派生語」のケース
PROG
baca
// bacaan
// membaca
// membacakan
// pembaca
// terbaca

上を見ると一見「太字=接辞」の表示に見えるし,そして事実「接頭辞や接尾辞などに当たる部分を太字で示し,語幹と区別できるようにした」(この辞書の使い方)ともある.

しかし,この太字細字の使い分けが,うまい具合にそうなるときと,そうならないときとがあるので,要注意.すなわち,

ketidakmatangan
 matang > tidak matang > ketidakmatangan 
 語幹=句 (tidak matang) の KE-AN 派生語であって,KETIDAK-AN 派生語ではない.
mengemukakan
 muka > ke muka > mengemukakan
 語幹=句(ke muka) の ME-KAN 派生語であって,MENGE-KAN 派生語ではない.
menganaktirikan
 anak > anak tiri > menganaktirian
 語幹=複合語 (anak tiri) の ME-KAN 派生語であって,MENG-TIRIKAN 派生語ではない.
mengkambinghitamkan
 kambing > kambing hitam > mengkambinghitamkan
 語幹=複合語 (kambing hitam) の ME-KAN 派生語であって,MENG-HITAMKAN 派生語ではない.
berpakaian:
 pakai > pakaian > berpakaian
 語幹=AN 派生語 (pakaian) の BER-派生語であって,BER-AN 派生語ではない.
memeratakan
 rata > merata > memeratakan
 語幹=ME-派生語 (merata) の ME-KAN 派生語であって,MEME-KAN 派生語ではない.

つまり「語幹=句/複合語/派生語」という派生語では,「太字=接辞」にならない,というわけだが,同じく「太字=接辞」にならない「語幹=重複語」のケースについては,すでに以下を書いた.

PROG:重複と太字表示

[Sg]



[PR]


by sanggarnote | 2019-02-17 18:31 | 辞書


<< gapit wayang      Energi terbarukan >>