人気ブログランキング |
2019年 08月 23日
ME-他動詞: me-形とゼロ形
以下『インドネシア語の基礎』から.

ME-他動詞についての最も基本的な文法は,この動詞は必ずしもいつも me- mem- men- meny- meng- をもつ形態で用いるのではないということである.例えば,「読む」という動詞で言うと,これはある場合には membaca という形態で用い,また他の場合には mem- を持たない baca という形態で用いる.いま前者を me-形と呼び,後者をゼロ形と呼ぶならば,我々はその me-形とゼロ形の使い分けを適切に行わなくてはならない.これがこの動詞についての最も基本的な文法的心得である.

me-形は辞書形とも言える.辞書にはこの形態が載っている.そして 「~すること」を言う場合にもこの形態で言う.また 「私は本を読みます」というとき,この me-形を使って Saya membaca buku. と言うので,一般に入門書はこの形態をもって能動形とするものが多い.

命令にはゼロ形を用いる.接尾辞の -KAN や -I をともなう語でない時には,このゼロ形は,語幹と同じ姿になることに注意.名詞からの派生の場合,とまどわされることがある.例えば,槍 tombak -- 槍で突く(こと) menombak -- 槍で突け! Tombak!

ゼロ形は命令に現れる外に,行為者を示す人称詞と堅く結んで用いられる用法がある.こうして,例えば英語の I read に相当するものとして,me-形による saya membaca という言い方と,ゼロ形による saya baca という言い方という二つの選択肢が用意されることになる.両者を文脈,構文によって使い分けることになるわけだが,「その本はもう(私) 読みました」 Buku itu sudah saya baca. のように, 対象が文頭に立つ構文では saya baca の方を用いるので,一般の入門書は,ゼロ形によるこの saya baca の方を受動態として説明するものが多い.

[Sg]



[PR]



by sanggarnote | 2019-08-23 18:40 | 文法


<< mendarat di ISS      gangbang >>