人気ブログランキング |
2019年 09月 19日
KKM まえがき ノート
「辞書から作った辞書ではない」の外,本辞書の編集上の特徴を述べれば以下。

1)派生関係を示すために一字下げ・二字下げ・三字下げの表示をすること。例:

a0051297_21310880.jpg











2)派生語の配列を ABC順とすること。すなわち,-AN, BER-(AN, KAN), KE-, KE-AN, ME-(I, KAN), MEMPER-(I, KAN), PE-, PE-AN, SE-, TER- の順である。

3)記号 d.
例 membaca d. --- membaca が「他動詞」,つまり,membaca, baca, kubaca, kaubaca, dibaca 等の語形があるカテゴリーの動詞であることを示す。この情報は,英語辞典の vi, vt 同様に,インドネシア語の辞書が当然与えてしかるべき情報と考えて導入した。先例に,Pierre LABROUSSE, Kamus Umum Indonesia-Prancis (1985) がある。例 v.t. membaca (di-)。

4) 記号 (m)
例 menakutkan d. 1 怖がる,恐れる,心配する. 2 怖がらせる. 3 (m) おそろしい.
--- 3 (m) とは,「おそろしい」の語形は menakutkan であることを示す。

[Sg]



[PR]


by sanggarnote | 2019-09-19 21:05 | 辞書


<< tak ada yg..., ...      demam babi Afri... >>