2006年 05月 17日
harap bersabar
ムラピ山、火山活動続く インドネシア・ジャワ島中部のムラピ山は、16日も火山活動が続き、午前0時から正午までの間に、計21回の火砕流が観測された。ユドヨノ大統領も現地を訪れ、約2000人が収容されている避難所を視察、「安全が確認されるまで避難生活に耐えてほしい」と住民に訴えた。(毎日新聞, 5月16日21時33分更新)

Presiden Susilo Bambang Yudhoyono mengimbau semua warga yang tinggal di sekitar lereng Gunung Merapi agar pindah ke tempat pengungsian. Permintaan itu dilontarkan SBY saat mengunjungi beberapa lokasi pengungsi di Kabupaten Sleman, D.I. Yogyakarta dan Magelang, Jawa Tengah, Selasa (16/5)
(...)
"Ibu-ibu harap bersabar. Pemerintah masih memantau perkembangan puncak Merapi," ujar Presiden dalam bahasa Jawa bercampur bahasa Indonesia. ("SBY Mengimbau Semua Warga Merapi Mengungsi", Liputan6.com, 17/05/2006)

メラピ山麓の村々に暮らす ibu-ibu 相手に訴えるということになれば,こんな風に「インドネシア語混じりのジャワ語」のスピーチということにならざるを得ないというわけである.

上の Ibu-ibu harap bersabar の harap は,ibu-ibu の希望ではなく,「話し手の希望」を表現する harap である.

ACIED は,この harap を次のように扱っている.

1. please, kindly. 2. hopefully, we hope, it's to be hoped.

1. please, kindly のところに haraplah も挙がっているが,この -lah が不可欠なのは,hendaklah の方 (ACIED は挙げていないみたい) である.
[PR]

by sanggarnote | 2006-05-17 08:45 | 文法


<< Indonesian 12.1%      火砕流 wedhus gemb... >>