人気ブログランキング |
2006年 10月 17日
合い言葉
「合い言葉」をどこかで拾った覚えがあると古い中庭を調べたら, 「アチェにおける独立戦争の戦闘指揮で勇名を馳せた残留日本兵 Tuan Korewa(日本語「これは」に由来するらしい)についての Pak Imran 談から」として kode(合い言葉)を書いていた (Sg 1.19.98).

実は,昨日「父さん? 携帯を水に落としたので番号が変わった」という電話があった.電話口でゴホンゴホン咳をしながら,いかにも体調が悪そうな話しぶりだった.そして,携帯の新しい番号を書きとめさせ,復唱させた後,「父さん今何してる?」と言ったから,「パソコンに向かってるさ」と答えた.

要するに如何にも怪しい電話である.声も違うし話しぶりも違う.大体,毎日目が覚めてから眠気で目を開いていられなくなるまでパソコンの前で仕事に熱中しているインドネシア語研究者たる私に対して「父さん今何してる?」なんて情けない質問は,うちの息子はしない.

夜,家内が息子にメールを入れて折り返し電話をかけさせ,正真正銘の本人にこのニセ電話の件を話したわけだが,これで子供達との間で「合い言葉,パスワード」を決めておこうと思いついた.


以下,上野警察署メールニュースからの注意をご参考まで.

合い言葉_a0051297_11514137.jpg最近の傾向としては、犯人は前日に息子などを装って「携帯電話をなくした。(又は壊した)電話番号を変えた」等とあらかじめ電話を入れ、翌日再度電話をかけて「サイドビジネス」「株取引」の失敗と「会社資金の使込み」「会計検査」等を絡めた口実を設け、主に98万円(96~100万円)を要求するケースが増えています。 特に被害者の対応によっては、「他にも○○でお金が必要だ」等と口実を 設け、次々と振り込ませていくなど、犯人は被害者がだまされたことに気付くまで現金を要求します。

「翌日再度の電話」,確かに今かかってきた.画像は今テレビで見た「急増振り込め詐欺」のニュースから.

by sanggarnote | 2006-10-17 10:45 | 語彙


<< パスワード kata sandi      Ramadan, Ramadh... >>