人気ブログランキング |
2008年 05月 20日
頭音節重複 pe-patah 説
この頭音節重複を思いついたのは,以前 (1) を書いたことがあるからだが,新たに (2) で補強しておく.

(1) gorit>gogorit

J.ホンダの論文「インドネシア諸語における語重複の機能」(1950年) (J.Gonda, Selected Studies, Vol.5) を読むと,「のこぎり」を gogorit と言う北スラウェシのトンテンボアン語の例が見える.「ゴリゴリ切る」道具だから「ゴゴリ」だという言い方らしいが,日本語の「ほうき」も「ハハキ」の転(広辞苑)なら,「サッサッと掃く」道具という命名に違いない.(月刊言語,1986年8月号, インドネシア語文法のトピックス)

(2) sapu>sesapu

マレー語 Ketapang/Kayung 方言(西カリマンタン)

sesapu: penyapu.

Kamus (Lokal) Melayu Ketapang/Kayung (Melayu Online.com)

HP Sanggar BI トップページ「オンライン辞書」に,リンク Kamus Melayu を用意した.[Sg]



[PR]





by sanggarnote | 2008-05-20 05:35 | 重複


<< 述語の yang ...      langu >>