2013年 05月 27日 ( 1 )

2013年 05月 27日
Saya makan ayah.
モスクワのインドネシア大使公邸で開かれたパーティを取材した記事 "Ketika Orang Rusia Belajar Bahasa Indonesia" (detik.com, 25/05/2013) からの話題,三題である.

Saya makan ayah.

"Ketika saya mulai belajar bahasa Indonesia pertama kali, saya sulit membedakan ayah dan ayam. Jadi saat itu saya bilang, saya makan ayah."

"Saya makan ayam." と言ったつもりが,"Saya makan ayah." になってしまう.ロシア語には -m はないのだろうか.

(単純に,ayam と ayah をよく間違えて使ったということなんだろう.難しいこと考え過ぎた.私も lalat と nyamuk を間違えて使った覚えがある.6/6)

Selamat meninggal.

Dalam acara santai itu muncul juga kenangan bahwa mempelajari bahasa Indonesia itu cukup sulit, sebab harus belajar awalan, akhiran, dan lain-lain. Hingga muncul cerita seseorang yang berpamitan (good bye) dari suatu acara, dia justru mengucapkan 'Selamat Meninggal'.

「さようなら」Selamat tinggal. のつもりで Selamat meninggal. (安らかにお亡くなり下さい?) と言ってしまうというよく紹介されるこの失敗談,日本人の話としてはあまり耳にしない.

Rayuan Pulau Kelapa

Masih ada bagian yang menarik dari acara malam itu yaitu acara dibuka dengan menyanyikan lagu nasional Rayuan Pulau Kelapa karya Ismail Marzuki. Dubes Djauhari Oratmangun bersama sejumlah warga Rusia menyanyikan lagu itu dalam bahasa Indonesia diiringi organ. Setelah itu dilanjutkan lagu yang sama dalam bahasa Rusia.

日本でこういう機会に歌われる歌と言ったら「ブンガワン・ソロ」だろうが,ロシアでは Rayuan Pulau Kelapa であるらしい.50年代から60年代の両国の友好関係が sedang mesra-mesranya だった時代,大勢のインドネシア人がソ連に行っており,彼らが祖国「麗しきココヤシの島」インドネシアへの望郷の想いをこめてよく歌ったのがこの歌 Rayuan Pulau Kelapa だった,というところから来ているのだろう.

Tanah airku Indonesia
Negeri elok amat kucinta
Tanah tumpah darahku yang mulia
Yang kupuja sepanjang masa
http://www.youtube.com/watch?v=E68DDulF7bI

タクシー運転手の歌うロシア語 Rayuan Pulau Kelapa --- ボルガの舟歌みたいに聞こえる
http://www.youtube.com/watch?v=Nw2US6NBTrU

日本で有名な椰子の歌と言えば,島崎藤村が「いずれの日にか国に帰らん」とうたった「椰子の実」(昭和11年=1936年の国民歌謡)である.これに Ismail Marzuki (1914–1958) がインスパイアされたかどうかを考えてみると,日本時代の彼は放送管理局 (Hoso Kanri Kyoku) 交響楽団を率いており,Rayuan Pulau Kelapa は 1944年の作だから (英語版 Wikipedia の "Ismail Marzuki" の項による),大いにありうることだろう.[Sg]



[PR]
[PR]

by sanggarnote | 2013-05-27 06:35 | 事情