人気ブログランキング |
2013年 06月 22日 ( 1 )

2013年 06月 22日
ramah-tamah
ramah-tamah:
"ramah tamah" の "tamah" について「KBBI にも載っていなかったが,特に意味がないのでしょうか?」とのメールを頂いたが,それは "ramah tamah" が sayur-mayur, lauk-pauk タイプの子音バリエーションを伴う重複語だから, というお答えになる.mayur, pauk, tamah は,この重複語の第2項としてのみ現れて,単独で使われることはない.母音変化を伴う重複語で言えば,warna-warni.この warni についても同じことが言える.

cerai-berai, remeh-temeh:
これも上と同じ重複語と思ったら,どうやら違うらしい.KBBI_3 は berai, temeh を見出し語にとりあげていた.

berai: berberaian, memberai-beraikan と使われるようである.
temeh: ark. remeh とある.

つまり,重複語から同義的二語のつながる複合語への列に位置付けてみれば,こんな風にもなるだろうか.

【重複語】buku-buku < warna-warni < sayur-mayur, ramah-tamah < remeh-temeh < cerai-berai < pecah belah < gelap gulita, terang benderang, segar bugar, sopan santun 【同義的二語のつながる複合語】

表記に関して言うと,重複語ではハイフォンを使う,他方複合語ではハイフォンを使わない.そんなわけで,上の列の真ん中あたりでは,重複語の方にひかれてハイフォンが使われていたり,複合語の方にひかれて使われていなかったり,ともなる.[Sg]



[PR]

by sanggarnote | 2013-06-22 16:53 | 重複