2019年 02月 02日 ( 2 )

2019年 02月 02日
cuaca kutub
"Polar Vortex: Air panas membeku, garpu mengambang, dan hal unik lainnya akibat cuaca kutub di AS" (BBC, 1 Februari 2019)

Cuaca kutub yang melanda sebagian wilayah Amerika Serikat menyebabkan beragam hal unik, mulai dari 'gempa es', pembakaran rel kereta api, air panas membeku, hingga garpu mengambang.

極寒の米国の話題である.

polar vortex: 極循環.
air panas membeku: 湯が凍る.
cuaca kutub: 極地並の極寒波.
gempa es: 英 Cryoseisms, 氷震.
garpu mengambang: 宙に浮くフォーク.

a0051297_11102844.jpgIngin tahu seberapa dingin suhu di Kota Chicago? Seorang warganet memperlihatkannya dengan mengunggah foto garpu yang membeku saat sedang menyantap semangkuk mi panas.

「宙に浮くフォーク」の作り方なんて動画も検索でヒットしたが,これはタネのない「宙に浮くフォーク」の写真なのだろう.[Sg]




[PR]



by sanggarnote | 2019-02-02 11:11 | 事情
2019年 02月 02日
PROG:重複と太字表示
baca
// bacaan
// membaca
// membacakan
// pembaca
// terbaca

上を見ると一見「太字=接辞」の表示に見える.

そして事実「接頭辞や接尾辞などに当たる部分を太字で示し,語幹と区別できるようにした」(この辞書の使い方)とあるのだが,実は以下.「重複」がらみのところで,こういう表示になる.

tenang
// tenang-tenang
bukan
// bukan-bukan
mudah
// mudah-mudahan
daun
// dedaunan
tolong
// tolong-menolong
desak
// berdesak-desakan
pukul
// memukul-mukulkan

もし「辞書の使い方」が言うように「太字=接辞」だとすると,-tenang, -bukan, -mudahan, -menolong という接尾辞があったり,de--an, ber--desakan, mem--mukulkan という共接辞があったりという,妙なことになってしまう.

つまり,この表示は,単に「大見出しと共通の成分は細字にし,それ以外の成分は太字にしている」くらいの理解に留めるのがよさそうである.

上の重複語幹の派生語は,以下のように分析されるべき語である.

mudah-mudahan: -AN 派生語.
 語幹:完全重複 (mudah-mudah)
dedaunan: -AN 派生語.
 語幹:頭音節重複(dedaun)
berdesak-desakan: BER-AN 派生語.
 語幹: 完全重複 (desak-desak)
memukul-mukulkan:ME-KAN 派生語.
 語幹:完全重複 (pukul-pukul)
tolong-menolong:ME-派生語.
 語幹: 語幹先行型重複 (tolong-)

tenang-tenang, bukan-bukan: 重複語.
 重複は,接辞派生とは別の造語手法である.どっちが語幹でどっちが接辞というような分析はしない.[Sg]



[PR]


by sanggarnote | 2019-02-02 07:23 | 辞書