人気ブログランキング |
カテゴリ:BER-( 9 )

2019年 03月 24日
tiga bersaudara
Gadis asli Kota Yogya ini merupakan anak kedua dari tiga bersaudara.
--- "Ini Tiffani, Mahasiswi yang 'Nembak' Sandi untuk Jadi Istri Kedua" (detikNews, 23 Maret 2019)

anak kedua dari tiga bersaudara: 三人きょうだいの二番目の子.

a0051297_17190869.png
三人が saudara という集合「きょうだい」を成していると理解する.「三人で」の bertiga のときも同じイラストになるが,bertiga の語幹 tiga は,集合が tiga だというのではなく,集合をなす要素の個数が tiga だと読む,つまり三人で集合を成すである.


参考までに以下.

a0051297_15562101.png
bersatu, bersaudara: 語幹は「集合」,berdua, berapa: 語幹は「個数」,beribu2, berbotol2: 語幹は「要素」である.[Sg]










[PR]



by sanggarnote | 2019-03-24 17:23 | BER-
2018年 10月 25日
中動態の主語 Self を売り出した秋元康氏
以下「秋元康氏、BNK48の大ヒット要因を語る かつての海外進出失敗を経て…」(oricon.co.jp,2018-10-24)から.

「AKB48を(2009年に)ニューヨークに連れて行って公演をやったんですよ。最初の3曲はドン引きです。歌は下手だわ,ダンスは下手だわ,バラバラだわで何しに来たんだと。ところが4~5曲目くらいからなんだかわからないエネルギーに巻き込まれて,アンコールの頃にはスタンディングオベーションがすごかったんです。」

ダンスや歌唱面では「K-POPはすごい」という秋元氏は,対して「日本のアイドルはドキュメンタリーなんです」と語る。「夢がかなうまでの物語を,みんなが見ている。AKB48のコンセプトは後付けで言うと,高校野球なんです。」

Sasaki 文法の用語を使って言うと,

 秋元康氏は,エンターテインメントの世界で,能動態の主語 Agent でない, 中動態の主語 Self を売り出して成功した.[Sg]



[PR]

by sanggarnote | 2018-10-25 09:46 | BER-
2018年 04月 01日
bertolak belakang
a0051297_10414386.jpg"Ketika Morgan Oey perankan karakter bertolak belakang dari kepribadiannya" (Antara, 31 Maret 2018)

Morgan Oey belakangan memfokuskan diri terjun di dunia akting dan telah memerankan sejumlah karakter dalam film.

Termasuk, karakter yang 180 derajat berbeda dari kepribadiannya. Dalam film terbaru besutan sutradara Ismail Basbeth misalnya. Berperan sebagai Nick dalam "Arini: Masih ada Kereta yang akan Lewat", Morgan harus memerankan sosok yang romantis, suka menggombal.

dunia akting: 演技の世界,俳優業.
bertolak belakang
: 正反対である.本文の "180 derajat berbeda" (180度違う) と同じ.

なお,以下参照.

bertopang dagu: (自分の顎を支える) 頬杖をつく.
bertepuk tangan: (自分の手を打つ) 拍手する.
berpangku tangan: (自分の手を膝にのせる) 何もしないで傍観する.
berpeluk lutut: (自分の膝を抱く) 膝をかかえる.
bersilang kaki: (自分の脚を交叉する) 脚を組む.
bertolak pinggang: (自分の腰を押す) 手を腰に肘を張る姿勢をとる.
berjalan kaki: (自分の脚を動かす) 歩く.
--- 自分の体の一部をどうこうしているのは,勿論「自分」である.

berekor panjang: これも「長い尻尾を自分の体の一部としてもつ」と言える.

ここで,berbagi (分かち合う,シェアする) ,berebut (奪い合う) の「相互」系のものを挙げれば,

berjabat tangan: (互いに手を握り合う)握手する.
bertolak belakang: (互いに背中を押し合う,背中合わせに立つ) 正反対である.

a0051297_10303509.jpgbertolak belakang の検索でヒットした画像である.図左は幾何の sudut bertolak belakang (対頂角) である.[Sg]





[PR]

by sanggarnote | 2018-04-01 10:31 | BER-
2017年 06月 22日
國分功一郎 『中動態の世界 --- 意志と責任の考古学』 (医学書院, 2017年)
大いに勉強になる本だと思って,最近読み始めている.

副題に出てくる「責任」については考えたことがなかったが,「意志」については考えていた.能動態の subject である Agent の属性「意志」として,である.プロセスの出発点たる Agent のもう一つの属性は「能力」だと思っている.

私の考える「中動態の世界」の中の「するとされる」は以下.

a0051297_05490877.jpg



[PR]




by sanggarnote | 2017-06-22 19:32 | BER-
2016年 11月 28日
大野晋 「ウチとト」
a0051297_784231.jpg『インドネシア語の中庭 文法篇』では,これ(画像クリックで拡大画像)が最後の最後「追補の章」に出るのだが,本当はこういう日本語の「ウチとト」の話から始めて,しかる後にインドネシア語の長い尻尾のネズミの「全体と部分」の話に入るのが順序というべきものだったかもしれない.

イラスト (大野, p.172) の画像不鮮明ではっきり読めない小さな字を説明すると,ウチ 「コ系」, ト 「カ(ア)系」である.

修正案 (Sg) について言えば,「自己」のソトは「非自己,外界」だろう.

「コソア」のところでは楕円を使うのがミソ.自分と相手という二つの中心をもつ楕円形である.大野のイラストでは一つしか中心のない正円を使ったために「ソ」が落ちてしまった.ただこれは,大野自身が 「コ系の代名詞とソ系の代名詞とがあるが,古くはコ系とソ系とは対になってあまり使われない.むしろコ系の代名詞はカ系(後にはア系)の代名詞と対になって使われることが多い」(p.174-175) というような書き方をしているので,あながちイラストレーターの責任というわけではない.


大野「ウチとト」の展開.

a0051297_11400099.png
1) 日本人にとって,言語は「国語か外国語か」である.

2)「和」とはウチの「和」である.

3) 「雨に降られる」.被害の「られる」のイラストである.

4)「我が子」のための「全体と部分」のイラスト.

ウチ扱いをする人間には「ガ」という助詞を用いた (大野,p.179).つまり,大野は「全体と部分」という扱い方をしない.

Cf. ドイツの物理学者 W.ハイゼンベルクの自伝 『部分と全体』 (Der Teil Und Das Ganze, 英題 The part and the whole) --- ドイツ語・英語では「部分」を先に言うらしい. 



[PR]


by sanggarnote | 2016-11-28 07:10 | BER-
2015年 07月 12日
beroperasi,手術をする?
わたくしはこの教会で洗礼を受けた.
batizei-me nesta igreja

わたくしたちはその病院で手術をした.
operamo-nos nesse hospital

batizar-se, operar-se の「主語」一人称単数,一人称複数の例文である.

池上岑夫 『SE 考』は,こういうポルトガル語の「中動態」 SE 動詞を取り上げた論考である.インドネシア語の「中動態」 とも言われる BER-動詞を得意とする当方としては,池上先生どうやるのか興味津々頁に向かっている.

上の二文,もしインドネシア語でこう書けたら万々歳という例文だが,

わたくしはこの教会で洗礼を受けた.
Saya *berbaptis di gereja ini.

わたくしたちはその病院で手術をした.
Kami *beroperasi di rumah sakit itu.

しかし残念ながら,membaptis/dibaptis (洗礼をする --- 司祭・牧師=Agent が) - *berbaptis (洗礼を受ける --- われわれ教徒が),mengoperasi/dioperasi (手術をする --- 外科医=Agent が) - *beroperasi (手術をする --- われわれ患者が) .

つまり,memijat/dipijat (マッサージする --- マッサージ師=Agent が) - berpijat (マッサージしてもらう --- 肩が凝ったわれわれが),memotret/dipotret (写真を撮る --- カメラマン=Agent が) - berpotret (写真を撮る --- 記念写真を残したいという我々が) はあっても,われわれが「洗礼を受ける, 手術をする」 BER- 動詞は目下のところ使われていない.

Google T君に頼むと,operamo-nos nesse hospital → Kami beroperasi di rumah sakit ini. と翻訳するけれども,現在のところ beroperasi は 「営業,操業,運転,操作,作戦」をするに留まっており,「手術」をするはない.

「態」(ポルトガル語 voz) は voice (声) である.「能動態」では Agent の「声」に耳を傾け,この「為自言,中動態」のところでは,「われわれ主体」の「声」を聴き取らなければならない.そうしろと言っているのが, SE なのではないだろうか.[Sg]

---

berbaptis, *印つけたが,検索するとヒットしないでもない.すなわち,berbaptis 471件,dibaptis 456.000件.ところで,最近ニュースになった洗礼と言えば,"Putri Charlotte dibaptis di gereja di Sandringham" (BBC, 6 Juli 2015) .赤ん坊では主体的に洗礼を受ける行動は無理だ.




[PR]

by sanggarnote | 2015-07-12 08:19 | BER-
2007年 02月 12日
BER-派生語に関する項
これまでの中庭・中庭ノートからBER-派生語に関する項を拾って一つのテキスト・ファイルにまとめている.目下作業中だが,これを眺めていると,どこが手薄か,よく分かる.身なりも少ないし,姿勢も少ない.

a0051297_12102127.gif

by sanggarnote | 2007-02-12 10:06 | BER-
2007年 01月 04日
中動態,英語で言うと middle voice
たまたま「中動態」を検索したら,以下がヒットした.

Step49 中動態

かつてのインド・ヨーロッパ語(祖語)では,能動態と中動態とが対立していたとされていますが,その後能動態,受動態の対立が顕在化して,中動態の役割が小さくなりました。

たとえば,古典インド・ヨーロッパ語を代表するサンスクリット語の動詞の態としては,能動態(パラスマイパダ「為他言」)と反射態(アートマネーパダ「為自言」)とが基本的な対立をなしていて,受け身(受動活用)は,使役活用,意欲活用,強意活用とともに,派生的な接尾辞による第2次活用であるにすぎません。

能動態と反射態とは,ある動作が誰の為になされるかに着目した態の区別です。本来能動態は他者のための動作,反射態は自己のための動作で,たとえば「他人の為に祭祀する」には能動態,「自分の為に祭祀する」あるいは「自分のために(他者に)祭祀させる」には反射態を用いるのです。したがって,反射態は,その動作の結果が自分に及ぶものであることを表す点では,近代ヨーロッパ語の再帰動詞,代名動詞の機能を持つ一方,自分の為の動作であれば,たとえ動作主が自分でなくとも,他人にさせた動作でもよい,という点では「使役」の機能を持っているのです。

中動態およびサンスクリット語の動詞組織については,以下を参照してください。

バンヴェニスト 1983.『一般言語学の諸問題』[河村正夫他訳]. みすず書房。
辻直四郎『サンスクリット文法』, pp.105-112, 岩波全書,1974年。

誰が書いているのだろうと思って調べたら,東外大言語モジュール TUFS Language Module Grammar>文法モジュール>通言語文法>文法項目一覧>Step49 中動態 だった.21世紀 COE (Centers of Excellence)プログラムの成果というわけで,やる方は大変だろうが,喜ばしい状況である.

上の解説に「他人の為に祭祀する」(能動態),「自分の為に祭祀する」(反射態=中動態) の例が出ているが,私がよく教室で使った例は「コンパをする」だった.飲んで騒げばいいクラスの連中が「コンパをする」のは中動態,会場・日時を決め,当日は座の盛り上がり具合に気をつかって酒を追加注文したりする幹事役が「コンパをする」のが能動態,という例である.

ところで,参考文献にあるバンヴェニスト Emile Benveniste の中動態論というのは,次のようなもの.

能動態を「そのプロセスは le sujet に発し,その外で完成する」un proces qui s’accomplit a partir de lui et hors de lui と分析し(なんたる切れ味のよさ),それと対をなす中動態を「そのプロセスは le sujet がその場であるプロセスであり,le sujet はプロセスの中にある」un proces dont le sujet est le siege ; le sujet est interieur au proces と認識して,「能動 vs 中動」(中なんて真ん中にあってこそ,対立する2項の一つが中なんてバカな話)を diathese externe vs diathese interne, つまり「外 vs 内」という筋の通る対立に捉え直すというものである.

「コンパは幹事に発し,その外で完成する」,正にその通りではないか.幹事がコンパの中に入ってみんなと一緒に盛り上がったりしたら大変だ.un proces qui s’accomplit a partir de lui et hors de lui,能動の分析は欧米人にまかせるにしくはない.(この能動の感覚を日本人は持っていないと言ったら言い過ぎとしても,その比率は「クラスの人数:幹事役」くらいのものだろう)

a0051297_1293976.jpgいささか言い遅れた感があるが,BER-動詞には中動説があって,印欧語の中動態については,かつていろいろ読んだ.Benveniste の中動態説は,その中のいちおしである.右のイラストは,BER- と ME- のためのもの(『インドネシア語の中庭 1994-1999』 の表紙にも使った)だが,バンヴェニストの diathese externe vs diathese interne (外在態 vs 内在態と訳したことがある)用のイラストにもなる.印欧語の中動を考える場合には,円を囲む青い部分は不要でカットしていいようなのだが.

●Benveniste は,能動態(外在態)でも中動態(内在態)でも le sujet という言葉を使っている.これは全くノープロブレム(動詞の人称はこの le sujet の人称なんだから).その le sujet として現れているものが両者で違う: すなわち,能動態では「動作主」が le sujet として現れ,中動態では「自分」が le sujet として現れる(Cf.上記 TUFS 文法モジュールの解説),と話を進めるのが拙論である.ここで思い出すのが,いつぞやテレビで見たゴーン日産社長,工場視察の場面.日本人工員曰く「頑張ります」(「自分」感覚に溢れた発言),社長曰く「何をどれだけ達成するか,それを言いなさい」(「動作主」感覚を持て,との発言).

[PR]



by sanggarnote | 2007-01-04 01:37 | BER-
2006年 12月 03日
bertolak & berangkat
タガログ語の辞書で,tulak: tumulak (-um-) v. to leave by boat, to depart by boat. を見て,これまで bertolak を「出発する」としか理解していなかったので,そうだったのかと慌てて KBBI を開いたら,正しくそうだった.

bertolak:
1. berangkat berlayar.
2. berangkat, pergi meninggalkan.

menolak perahu (岸辺のボートを川へと押し出す).こうして Perahunya bertolak (ボートは出発する).どうやらこういうことだったようである.

berangkat (出発する) について.

インドネシア語ではふつうに使えるが,マレー語では王族に用いる語である.そんなわけで,mengangkat (持ち上げる) : berangkat のこの「出発」は「輿」に関連する表現と考えられる.[Sg]



[PR]


by sanggarnote | 2006-12-03 16:38 | BER-